人気ブログランキング | 話題のタグを見る

十字穴

通常、M2サイズの小ねじ類の十字穴は「#1(1番)」になりますが、M2の頭部ですと結構小さめですので、#1の十字穴の中でもかなり「浅め、小さめ」のものを使用せざるをえません。
ドライバー等の精度がよければいいのですが、安価なものを使いますと、結構いい加減なものも多く、また、ドライバーのほんと先端の一部分だけで締めるようなものですので、使っているうちに「ダレて」きたりする事も多々あり、いわゆる「カムアウト」の危険性がかなり高くなります。
十字穴のサイズには「#0(0番)」というものもあり、こちらですとM2サイズは#0の中では比較的大きめの穴になる事から、ドライバーを深めに差し込めるのと、十字穴の幅自体が「薄め」の制定になっていることから、「ガタツキ」による不具合は、#1の時と比べ数段回避しやすくなります。
という事で、ただいまマノイユーザーの「N様」より依頼を受け、皿頭のM2サイズの小ねじを製作中です^^
(写真左が通常品皿頭M2×4、右が皿頭0番十字穴品M2×20。十字穴はM2.6皿0番1種用)
十字穴_e0061778_22425791.jpg
十字穴_e0061778_2243440.jpg
近々在庫表に載りますので、ご興味のある方は購入下さい(=^_^=)
なお、「0番」という十字穴規格はJISで制定されているものもある事はありますが、市場に流通しているもの(ドライバー等も含め)はほぼ全てと言っていいほど「精密機器用ねじ規格」品ですので、ここで言う「#0」はそちらの規格品になります。
by nejikouba | 2009-02-25 22:49 | お仕事