「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

どうも「もやもや」が晴れないので書きます。


入学式を欠席した先生に批判的な意見の方に聞きたい。

この先生は「1年生の担任なのだから何があっても入学式には参加すべき」なんでしょうか。

もしくは「子供の高校の入学式程度で大事な入学式を欠席するのはおかしい」のですか。

だとしたら「子供の入学式程度」の「程度」という根拠はなんでしょう。

その「根拠」は実際に昨今の高校の入学式に保護者として参列したうえで自身で判断したものですか。

またその参列した高校と今回の先生が参列した高校とでは同じような入学式だったというのがわかるのですか。



うちは保護者は私1人なので、長男長女の高校の入学式には共に参列しました。特に2人とも中学まで不登校児でしたから感慨深いものもありましたからね。で、仕事は1人でやってましたから当日は休業状態にしての参加です。 ちなみに入学式当日は備品購入や保護者への説明会等々で結構バタバタでしたらか、無理してでも参加しなければならない感じの入学式でしたよ。

今回の先生の事情、1年生の担任を受けた経緯、学校の都合等ははわかりませんから、もろ手をあげての肯定否定はしません。自身が無理して入学式に参加し大変だった経験はありますから、やはりどちらかといえば「肯定」の意見なのは確かですが。 ただ、入学式を休んだという上辺だけの状況で批判する事に対しては違和感を覚えてます。

これで休んだ先生や学校がもろもろ事情を公表しなければいけない状態にでもなったら、それこそ嫌な世の中です。


あと、これはこの議論とは別次元で考えなければいけないこ事だと思いますが、今回の事の発端の自分の価値観のみで頭にきたからと学校名を公表してしまうという県議の行為に対しては、ほんと悲しい気持ちになりましたね、埼玉県民として。
[PR]